上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週からお仕事と県高校体育大会の学生さん達に宿泊頂き
この場をお借りして御礼申し上げまするm(^_^)m
岡豊高校ボート部の皆さん、
男子ダブルススカル、シングルスカル、優勝おめでとう!!
そして、繰り返しになるけど、宿泊、ありがとうございました。
また、来てね(^.^)/~~~

で、ここ、最近のメニューを写真で紹介しちょきますね。
夕食その1:
夕食2
学生さん定番メニュー。
左下:かつお刺身、その右:漬物(たくあん)、その右:ポテトサラダ、
その右:トンカツ、その下:かぼちゃの鳥そぼろ煮、写真ないけど、お吸い物。
その翌日の朝食その1:
朝食1
お茶碗の上:漬物(たくあん)、その上:豆腐カイワレのせ、その右:目玉焼きとハム
その下:味付けのり、写真ないけど、味噌汁。
学生さん価格¥5,000(2食宿泊)となっております。
次は仕事の方に出したメニュー。
夕食その2:
夕食4
左下:ビンヨコ刺身、その右:漬物(たくあん)、その上:鳥もも肉と玉ねぎの串焼き(塩コショー)、
その右下:だいこんなます、その右:きんぴらごぼう、写真ないけど、お吸い物。
夕食その3:
夕食5
若者向けメニュー。
左下:ビンヨコとシイラ刺身、その右:漬物(たくあん)、その上:さばの味噌煮、
その右:鳥もも肉の唐揚げ、その下:ほうれん草の胡麻和え、その右:やきそば(ソース)
写真ないけど、味噌汁。
朝食その2:
朝食2
左下:漬物(高菜)、その上:あじ開き(一夜干し)、真ん中:おろし大根、
その右上:目玉焼き、その下:味付けのり、写真ないけど、味噌汁。
朝食その3:
朝食3
左下:漬物(高菜)、その上:目玉焼き、真ん中:豆腐、その右上:かまぼこと塩昆布、
その下:味付けのり、写真ないけど、味噌汁。

以上となります。皆様のお越し、お待ちいたしておりまする(^^)v
スポンサーサイト
ウチの民宿で先月から今月にかけてメンテナンスしたことについて
お知らせしちょきます。

1.屋根のペンキ塗り
yane_after.jpg自前で塗装ワレ、さびを補修。シロート仕事なのでご覧の有様^^;
まあ、航空写真撮られる訳でもないけん、勘弁して(^^ゞ

2.客室1号室の畳表替え
tatami.jpg

3.客室2号室のドアの取り替え
P1000271.jpg

ドアノブのばねが弱ってボタン式のカギが出来ん時があったけん、
いっそ、ドアごと取り替え。以前は外開き戸やったけん、
廊下の人にぶつかったらいかんので、引き戸に変更。
掃除もし易くなって”のう”(=具合)がええなったね(^^)v。
ついでに、自分部屋も外開きやったんで、引き戸に取り替え。

4.冷凍庫買い替え。
CIMG1349.jpg
ちなみに日立製RF-U11ZFというタイプ。
買い替えた理由は昨日、冷凍庫が壊れたがよ。
なお、1992年製フロン対策前の骨董品やったね。
21年間御苦労さま。

ウチもネンキはいっちょるけん、色々、傷みがでよるね~^^;。
お客さんにちょっとでも、快適に過ごして頂けるよう、
手直ししていくけんね。
新たにメンテしたらまた載せるけん。
今日は、2つのイベントがやりよるということで、仕事の合間に行ってみた。
最初はトンボ公園で開催されちょる”花菖蒲の宴”会場で撮った風景。
↓トンボ公園入り口。↓
tonbo_koen2.jpg
今日も、初夏らしい日やったけど、少し風が強く、やや、曇りがち。
トンボ公園までは車でウチの民宿から5分くらいで行ける。自転車でも15分くらいで行けるけん、
まあまあ、近い。なかむらは街からすぐ、こんなところに行けるけん、自然が好きな人には
えいところながよ。
↓公園内の風景↓
tonbo_koen1.jpg
こういう撮り方すると、なかなか広く見えるね。

↓睡蓮。まだ花が少ないね↓
suirenn1.jpg

↓カキツバタ、花菖蒲の群生↓
kakitubata1.jpg
kakitubata2.jpg
kakitubata3.jpg
他にも撮ったけど、今日は、それなりに人出があって、
人が入ってきて、ちゃんと撮れんかったがよ。
トンボ公園の奥には、高森山いう、景色のえい山があるがやけんど、
散歩がてら、登山口まで行ってみた。写真撮ってみたら、
↓緑が鮮やかで初夏らしかったので載せてみた↓。
高森山登山口
↓登山口からトンボ公園方向を見た風景↓
高森山登山口2
トンボ公園、本日の撮影会はこれで切り上げ、
お次は四万十川の赤鉄橋下で今日、明日開催中のディスクドッグ選手権世界大会の
↓西日本予選会場↓世界大会の予選が四万十市であるとは驚き!!
dog1.jpg
↓練習中の”ワン”ショット。↓dog2.jpg
ようけ撮ったけど、使える写真は、この1枚くらい。
犬だけ撮るのと、よいタイミングで撮るのが難しい^^;
ここぞっと思ったタイミングでとると、大概、”ワン”テンポ遅れるがよ。
明日は予選最終日。仕事の合間みて、試合中のショットを撮りに行ってくるね。
本日は以上。
昨日は、久しぶりに食事付きのお客様が泊まられた。
今日は、夕食メニューの紹介をしちょくね。
ウチの民宿はザ・家庭料理。
130522.jpg
左下からかつおのたたき、左上は、四万十地鶏のササミフライ、その右上が自家製タルタルソース、戻って、真ん中がタケノコ人参シイタケの煮物、右上がイカの煮付け、右下がポテトサラダ、写真にないけど、これに味噌汁が付くがよ。
見た目は何の変哲もなく普通ながよね(~_~;)。
でも、味は保証するぜ(^^)v。
また、こういうの、載せるね。
今日、ころばしを全部組み終わったので報告。
前回、手直したかったところ。
koro1.jpg
左端のこの出っ張りを削りたいがよ。
中学の技術家庭以来の”かんな”登場。
koro2.jpg
でっぱりを削りよったら、くさびの板が折れた。koro3.jpg
ホッチキスで固定。
koro4.jpg
出っ張りもうまく削れ、上出来、上出来。
そんなん、こんなんで、やっと完成したころばし集合写真。
P1000266.jpg
上の2本はお手本。残り8本を製作。
これで、いよいよ、川に浸けに行ける、
が、漁にまだ行けてないがよ。
漁の報告はまた後日(^^)/。
今日は、四万十川 屋形船 なっとくさんに営業に行ってきたので、
そのときの話。
まず、着いた途端、お客さんを早速、ご案内頂き感謝感謝。
なっとくさん、ありがとうございます。
今度は、ウチの宿泊客さんに、なっとくさん、サイコーと紹介しちょきます。
では、↓HP↓
屋形船 なっとく


実は、自分、屋形船に乗ったことがなかったがよ。せっかくなので、乗船。
デジカメを忘れたため、携帯の写真。クオリティ低く、良さがあんまり伝わらんのが残念。
まずは、乗船した船。
P1000264.jpg
まあ、平日ということもあり、自分入れて4人。はるばる、北海道からこられたマダムが2名おられた。
なお、昼食時は平日の今日でも忙しかったがと。
高瀬沈下橋。沈下橋の中でも小ぶりの方。なかなか風情があるろう。
P1000260.jpg
夏は、時々ここから、地元の子が飛び込んで水遊びするがやけんど、
屋形船が出るときはその子らぁは、船が沈下橋くぐるタイミングで飛び込むがと。
やっぱり、見てほしい願望があるがやね。そしたら船に乗っちょる人、大喜び。
で、おひねり飛ばすおんちゃんも中におるらしい。ただ、硬貨なんで、川に沈むわね。
それを潜って取る子もあるとか。。。
お札やったら沈まんけん投げるがやったらお札にしてね(^.^)/~~~。

次は、こいのぼり。ドラマで有名になったけん、去年までやったら、この時期かかっちょらんけど、
いつもより長くかけちょるがと。連続3ショットでどうぞ。
P1000246.jpg
P1000244.jpg
P1000243.jpg
次は、瀞になっちょる所から上流方向見た写真
P1000247.jpg
下流方向。
P1000248.jpg
今日は、川から吹いてくる風も本当に心地よく、
初夏が感じられるよい天気。この心地よさは地元の人も案外知らんと思うぜ。
GWも終わって、閑散としちょるがが、また贅沢やねえ。
是非、休みを取って来て欲しいと思うね。
で、ガイドさんが言いよったけど、遅咲きのヒマワリのカヌーの撮影ら、あったけんど、
この辺でよう、ロケしよったがと。
ロケ機材は屋形船で運んだと言いよった。
あまりこの話は広まってないけん、GW中もカヌーばっかしに人が集まって、
屋形船は例年と利用客の人数がそう変わらんかったらしい。
ちなみにその屋形船の中。みんな、屋形船えいぜ、乗りましょう。
P1000251.jpg
高瀬沈下橋となっとくさんは、市街地から車で20分くらいで行けるがよ。
20分くらいで、こんな人工物が殆どない景色が見れるがは、
日本全国でもなかなかないと思うがよね。
下流の雄大さもえいけど、上流の方が、そのままの自然は残っちょるね。
川の透明度が増すがは、秋、冬ながと。
そんときはまた撮りに行って載せるけん。

最後に、高瀬沈下橋付近は、これから6月半ばくらいまでホタルが乱舞するがぜ。
これもまた、見に行かないかんね。みんなも見に来たや~(^^)/
今日はここまで。
この前の日曜日、日本ポールという外資系の元社長さんからお呼ばれされ
昼間から飲むことになったがよ。というのも先月、知り合いのおんちゃんの
案内で城の川という山奥の集落にあったお宮さんで京塚さんというところに、
元社長さんからのリクエストもありお連れしちゃったがよ。
そしたら、えらく喜んでくれてウチで飲もうということになった次第。
で、手土産にカツオのたたきを作っていった。
tataki1.jpg
上の写真は、カツオの切り身を並べたところ。
まずは、皮付きのカツオの生節の表面をさっと焼くがよ。
藁なんかで一気に強火で焼きあげるがが理想やけど、
ウチに藁がないけん、こんな時は中華用の高カロリーガスコンロで
一番の強火にして焦げ目がつく程度に皮を焼く。身の方は表面が白く色が
変わる程度焼く。こうすることで生臭さがなくなるがよ。
今回のカツオは刺身にも出来る臭みも少ない上玉やった。
次に刺身を切る要領で少し厚めに切り分け、皿に並べる。

下味付けは、塩が白く浮く程度の量を振りかけ、
次に砂糖を塩より多めに振りかける。
次に玉ねぎと青ネギをカツオが見えなくなるくらい
タップリ、乗せる。
tataki2.jpg
その上に日本酒を少々振りかけ、
醤油を全部の切り身にかかる様にささ~と醤油さしで回しかける。
醤油は、かかり過ぎん様にするがぜ。
最後にゆず酢か、かんきつ系のお酢をジョジョジョという感じで大目にかける。
このくらいの切り身なら手の平に2~3杯くらいの量のお酢をかける。
普通の醸造酢でもえいよ。
お皿を回して全体にここまでの合わせ調味料を行き渡らせる。
味見をして味を整えて完成。甘酸っぱい感じやったらえいが、
この辺は、感覚なんで、自分の味を作ってや。

で午後1時過ぎに元社長さんの別荘に到着。
場所は市内の口鴨川というところ。
止心庵1
写真の右ら辺が入口。
”止心庵”という名前がある、情緒ある別荘ながよ。
止心庵2
これは、母屋の写真。えいでしょう。
中はこんな感じ。
止心庵3
午後1時半過ぎからまあ、飲み始めた訳やね。

下は途中経過(午後3時過ぎ)の写真。
食い差しの写真で見苦しくスンマセン<(_ _)>。
タタキ、好評で殆ど食して頂けたがよ、ヨカッタ、ヨカッタ(^^)v
経過1
この白ワインがこれまた、飲みやすくて、既に風景がセピア色になっちょったぜ。
午後5時くらいから、元社長の呼び掛けで商工会経営塾に参加している方お二人と
元社長の同級生の方参戦。しかし、想定外の展開やったけん、酒のアテがないなった。
急きょ、冷蔵庫にあるものを使わしてもらって提供。これまた意外に美味しく出来て好評。
経過2
上から、小松菜と玉ねぎとソーセージのソテー、たくあん、ズワイ蟹缶詰めの炒り玉子。
小松菜...は、まず、小松菜をさっとバターでソテーし、いったん皿にあげ、次に玉ねぎとソーセージをオリーブオイルで炒める。塩コショウで味付けして小松菜を戻し、醤油を一筋回しかけて、火からおろし完成。
蟹缶炒り卵は、といた玉子(3つ)に蟹身を混ぜ、だし醤油で味付ける。蟹に味があるので、だし醤油でしょっぱく
ならん様に、味見しながら調整。フライパンにオリーブオイルを熱し、中~強火でスクランブルエッグの要領で
半熟より少し火が通ったところで皿にあげる。この日はちょっと、火が入りすぎたねえ。
小口切りにしたネギを散らしても美味しいと思うぜ。

そんなこんなんで、夜10時まで、飲んでしもうた(~_~;)。
次の日は案の定、二日酔い。午前中、死んじょった((+_+))。
お酒あんまり、強うないに、時々、調子のって飲みすぎるがよ。
で反省した次第やけど、また、週末お誘いあるので、飲むがやろうね~。

話の始めに出た城の川と京塚さん、って何???
やろうけん、また近いうちにその辺のこと紹介するね。
今日は、こんなところでオヤスミ zzz
ウチの民宿に、この前、こんなパンフが送られてきたがよ。
せっかくやけん、紹介するね。
表紙
甘いもの好きな人、必見ぜ。

1.まずは、洋菓子老舗のアマンドさん。
1.jpg
小学校まで、ウチの家はアマンドの前やって、
ここのマスターの一番上のお姉さんと同級生でよう遊んでもろうた。
その節はありがとうね。
カステラの切れ端とか、おやつでもってきてもろうたことが懐かしい。
個人的に一番思い入れがある店やね。
で、他、抹茶ロール、モザイクケーキ、プリンも美味しいぜ。

2.右城松風堂さん。
2.jpg
♪い~かぁっだよぉっかん、なっかむっらめぇいぶつぅ
ほんにうっれしぃ よやじかぁおぉりぃ~♪
の歌が子供の時TVから流れてきて頭に残ったねえ。
アマンドさんと親戚の老舗和菓子屋さん。

3.上原菓子舗さん
3.jpg
すんません、情報もってませんm(__)m。
まずは、おススメ買って食べてから、情報いれるけんね。

4.お菓子の山彦さん
4.jpg
遅咲きのヒマワリで話題になった店ながよ。
ここのチーズケーキは地元でも人気ぜ。

5.和菓子処 おおいしさん
5.jpg
子供の頃、忘れたころにウチの親父が
夜、突然”おい、お菓子乞うて来い”
と言い出して、¥1000くらい渡されたろうか、忘れたけんど
兄貴と一緒に田舎饅頭とか、栗饅頭もあったろうか、
買うてきて食べたことが懐かしい。
意外にフツウの和菓子がおいしかったりするがよね。

6.ピノキオさん
6.jpg
子供の頃はパン屋やったような...
チーズデニッシュやったろうか、これが好きやった。
実は、Uターンしてからケーキも作りよることを知ったがよ。
ピノキオさん、すんませんm(__)m。
まだ、情報ないので、ここも仕入れたら更新するけん。

7.菓子工房 福寿さん
7.jpg
今住んでるところから一番近いお店。
ここの抹茶ロールも美味しかった。
バースデイケーキ頼んだら、
お誕生日おめでとうのメッセージも出してくれるけん、
お子達はうれしいろうね。

8.幡多のアンテナショップ LIGLIさん
8.jpg
すんませんm(__)m。ここのスイーツもまだ食べてません。
スイーツでないけど、宗田節のビン詰め、
これでだし醤油つくれる言うんで買うて試してみた。
NHKの情報番組で取り上げて人気になっちょるらしいぜ。
これで天つゆとか作ると
宗田節の香りがよくてこれまた美味しい。

9.藤屋さん
9.jpg
ここは、まあ泰作さんやろ。焼き鮎最中も美味しいぜ。
久しぶりに泰作さん、食べとうなってきた

10.パティスリー フゥさん
10.jpg
材料にはこだわりがあるらしい。
ここもそんなに情報なくすみませんm(__)m。

11.カマダ製菓さん
11.jpg
地元のモータース 相互自動車さんの若社長が懇意にしている店で
そこで新車を購入したら年末にカマダ製菓さんで
若社長がクリスマスケーキを手作りして持ってきてくれるがよ。
生クリームと生チョコが半々になったデコケーキやって、
カマダ製菓さんのオリジナルらしい。
これも美味しく頂きました。

12.菓子工房 C'sさん
12.jpg
すんませんm(__)m。
情報ありません。更新をお楽しみに。

13.藤田屋さん
13.jpg
重ね重ねすんませんm(__)m 
更新をお楽しみに!!

最後にここまで紹介したお店の所在地
地図
一番下、切れた赤丸は⑪カマダ製菓さん。
切れてすんません。

是非、ご賞味あれ。
全部食べた人には、なんと、な、なんと、
なんも特典ありません(~_~;)。
悪しからずm(__)m。

何か特典つけたらオモシロイろうにね。

それから去年から、ここで紹介した店のいくつかで
2月にスイーツフェスタというのをやりよるよ。
多分来年もロイヤルでやると思うけん、
全国の甘いモン好きの皆さん、是非食べに来てぇ。
↓今年の案内↓
四万十スイーツフェスタ Vol.2

では、御茶休みしたら、お仕事、お勉強頑張ろうかね!!
今日は、初めて作ってみた↓これ↓について。
koro1
↑これ↑、何かしっちょる?
”ころばし”という、ウナギを捕る道具ながよ。
まず、あらかじめ用意しといた↓部材↓
部材1
これを使って作ろうかね~。
写真の部品明細:
 長さ:約66cm、幅:約6.5cm、高さ:約3cmの四角い筒にする木板4枚
    ⇒この板は弘田漁協さんから御提供頂いたもの。
     弘田漁協さん、ありがとうございますね。
 板の厚さ:約6㎜
 くさび型の木板:2枚
 穴をあけた透明のプラスチック板:2枚 厚さ0.5㎜
 黒いプラスチック網:1枚
 木綿ひも
 釘
しかし、工作はあまり得意でないがよ。
とボヤいても仕方ないけん、道具持ってきて開始~。あ、道具の写真取り忘れちょった。
まあ、えいとして頂戴。

工程1
工程1
側板(写真下)を底板に釘で打ち付け。真っすぐ打ち付けるがが、難しい。
油断すると、釘が側板からはみ出して、何回か打ち直し、なんとか出来る。

工程2
工程2
くさび型の小板を側板に打ち付けよう、あら、底板に打ち付けた状態では
打てんやんか!!あんまり考えんとやりよったんで、気付かんかった。
打ち付けた側板(上側の板)はそのままでなんとか打ち付けて、
もう一方は底板に打ち付けんでくさびを打ちつける。
あ、釘の先が側板からはみ出した、短い釘がなかったけん、はみ出さん様にして
釘を曲げて、固定することにした(下側の板)

工程3
工程3
くさびを付けた側板を底板に打ち付けたところ。

工程4
工程4
ドリルであらかじめ穴を開けっちょったプラ板をくさび型の所に合わせて釘で打ち付け。
ここからウナウナがエサにつられて、プラ坂を押し上げ入りこむ。
ウナウナが筒に入ったらプラ坂が降りてふたになるという仕組み。
手で動かす限りは、えい感じ。
うまくいくか、やってみんとわからん。
あまり意味がないかもしれんけど、カエシを余ったプラ板で作り、
ホッチキスで底板に貼り付け。

工程5
工程5
えさ入れのスペースを仕切るプラ網。
プラ網は跳ね上がる様に上方に折り曲げちょく。
ホッチキスで底板に貼り付け。
工程6
上板の加工前、打ち付け前の写真。
上板を加工できたらもう一息。

工程6
工程7
上板をのこぎり使って、切り離し。
ちょっと不細工になったけんど、手で切った割により良くできた。
工程8
ポイントは真ん中の板を斜めに切ってかつ、台形に切るところ。
こうすることで、フタが嵌まり易くかつ抜けにくくなるがよ。

工程7
工程9
一番長い上板とフタになる板は紐でつなげる。これでフタが流されたりせん様にしちょく。
そのあとで、長い上板を釘で打ち付けたところ。

工程8
工程10
フタを少し写真でみて上方向に若干ずらして、右側の小板を置いてみる。
わざと上にずらすことで、小板を打ち付ける。
これでフタしたときにカッチリと嵌まるがよ。

工程9
工程11
小板を打ち付けた所
工程12
小板の右側の所、材の長さがふぞろいなのでノコで切りそろえることにした。

工程10
工程13
長さを切りそろえたら、
最後にウナギが入る口と反対の口にプラ坂を
ホッチキスで付ける。
工程14
完成~(^^)v。
上面と側面の写真をどうぞ。
工程1_1
完成1_2
ここまでで、約2時間の作業。
最後に↓ここ↓からウナちゃんが入ってくれることを願いつつ、初号機出来た~
工程15

改めて、材料の御提供と御指導下さった、
弘田漁協さん、ありがとうございました。なんとか出来たましたけん。

このあと、初号機の反省を生かして2号機を作ったがよ。
いったん、Tea Brake!!
2号機でどう改善したかは、また、後日~(@^^)/~~~
遅ればせながら、一昨日(5/3)
一條公家行列を見に行って来たがよ。

室町時代末期、一條教房公の入府を再現したがと。
去年期待せず(関係者の皆さま、無礼な発言でえらいすんません)
見に行ったら、あらら、意外と風情があってえいやんか、ということで
今年は写真を撮ってみたがよ。ほんで投稿した次第。

最初は、一條教房公の行列。
20130503_kuge gyouretu1
一條教房公、接近!!
itijyou
今年の教房公役は、市の商工会議所の福田会頭。
あまりよく撮れてなくすんません(^_^;)。

次は、行列の花、玉姫様の行列。
20130503_kuge gyouretu3
はい、玉姫様、ど~ぞ( ^^) _U~~!!
tamahime2
玉姫様は、土佐一条家第二代房冬の夫人ながよ。
また、伏見宮邦高親王王女で教房公の孫娘でもあるらしい。
今年で22代目となる玉姫様役に
地元 中村高校3年生 藤本香乃さんが選ばれ高校生は初ながと。
選ばれただけに、きれいやったね~
ちょいと日陰で残念。人物撮りなれてないけんね~、ご勘弁。

最後は、ご神体神輿の行列。御神輿は列後方。
20130503_kuge gyouretu4
では、近づいてきたご神体神輿の写真。合掌~。
20130503_kuge gyouretu5

今年は天気もよく、清々しくえい行列やった。

毎年、玉姫様、行列の皆さんを公募しよるとのことやけん、
和装をコスプレしたい方、来年応募して、是非、四万十 中村へお越し下さいませ。
美味しい食べ物もいっぱいあるけんね。

公募のページは↓ココ↓
ご参考:公募(終了)のご案内

中村商工会議所の案内は↓ココ↓
土佐一條公家行列のご案内

ご案内の所をクリックしたら飛ぶけん。

次回は、今自分がごそごそとやり始めた事があるので、それを載せる予定。
では、また来てや(^.^)/~~~。
本日の捨てたもんじゃないは、自分家になって悪しからず。
それは我が家で毎年採れる”さくらんぼ”。

P1000241.jpg

とうとう、今年最後の収穫となったので、写真に撮ってみた。
古い携帯でとった写真かつ記事に張り付けてから回転ようさせんけん、
見づらいがが、残念ぜ。
中村でさくらんぼが出来るとは、びっくりやろ。自分も帰ってきてから知った。

今年は数は少なかったけど、昨年より甘みは深かった。
綺麗に熟れたがは、知り合いに分けて、傷があったり、あまり熟れてないがは、
ジャムにする。さくらんぼのジャム食べたことある?美味しいで。
なんせ、自分ちで採れるもんやけん、さくらんぼのジャムなんて贅沢が出来る。
うちは民宿やりよるけん、何人かのお客さんに差し上げたら
喜んでくれたぜ。こっちもうれしかったね。

ウチの女将が園芸好きなもんで、家庭菜園もあって、色々とやりよる。
えい野菜が出来たら、お客さんの食事にも出せるぜ。
このテの話題も面白いのがあれば、また上げていくけんね~。

本日は、以上!!
まずは、ブログすることにしたけん、皆さま、よろしゅうお願いします。
幡多弁(四万十市地域で使う方言の事ちや)をゆる~く織り交ぜながら書いていきますけんね。

ブログを始めた動機やけんど、自分は、2011年12月22日にそれまで住んじょった
兵庫県伊丹市からUターンして帰ってきたがよ。
帰ってきてからは、家業でもある民宿で見習い修行をしよります。
帰ってきてから、1年と5カ月くらいになるけんど、山海川の自然、新鮮な食べ物は
もちろんやけど、色々な所に顔を出しよったら、「中村も捨てたもんじゃないねえ」と
思える様な出来事とかがボチボチあることに気付いたがよ。
あ、中村言うがは、四万十市のことやけん。
四万十市は平成の大合併ブーム?で旧中村市と北に隣接しちょった旧西土佐村が
平成17年4月10日に合併して出来たがよ。
自分は生まれ育った中村に愛着があるけん、ここでは中村と言わせてもらうけんね。
ということで中村は四万十市のこと。

これはと思えるもんがあったら、ボチボチと投稿していこうと思いよるけんど、
無精やけん、ざっと(=いい加減な)したが(=したもの)になるろうねえ。
自分の趣味やら活動やらの私的情報も投稿するけん、悪しからず。
ブログのレイアウトとかも、ボチボチ、タイトルに合ったもんにしてゆかんとねえ。

そうやたった、すまんけんど、この場をかりて
民宿の営業させてもらうけん。
中村にきたら、”こばん”という民宿に来てや。
案内は↓ココ↓のHPにあるけん。
民宿こばんのHP

「HPももっとかっこえいがにしたや」と友達から言われよる。
これもボチボチやっていこうかねえ。
やること、なかなかあるねえ(^_^;)

ということで、これから見に来てくれる人には、あらかじめ、
ざっとしちょることへのお詫びと感謝を申し上げちょきます。
最初のブログやけん、長うなった。
最後まで読んでくれた人、ありがとね<(*^_^*)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。